ながいも優良種苗生産に向けて【5/9】

写真:ながいも優良種苗生産に向けて【5/9】

JA全農あおもりでは各JAや生産者と協力し、基幹品目であるながいもの優良種苗を生産者に供給する取組みを行っている。

202206-09.png

県内では4JAが委託されており、JAゆうき青森もながいも種子生産者である向井徳敦氏が4年前から優良種苗生産を委託されている。5月9日は東北町外蛯沢地区にある向井氏の圃場にてパイプ網室を設置する作業が行われた。

作業にはJA全農あおもり職員3名と、上北地域県民局地域農林水産部農業普及振興室職員5名、他当農協職員で設置した。網室で管理することでウイルスを保毒したアブラムシからの感染を防除することができ、ウイルス感染のない種苗を植付することでより品質の良いながいもを生産することができる。

向井氏は「優良種苗として供給するために網室の設置から生産するまでは大変だが、しっかりとした管理を行い、優良種苗の安定供給を行っていきたい。」と話した。

JAゆうき青森 新着情報

カテゴリー
月別の記事
キーワードから探す