食育ソムリエのおべだふり「バーベキューについて」

写真:食育ソムリエのおべだふり「バーベキューについて」

2015081713.png

夏は、キャンプやお盆など、バーベキューをする機会が増える時期です。野菜やソーセージ、魚介類など、多くの具材を使い楽しむこともできます。今回は、バーベキューをしながら、暑さを乗り切る体づくりについて、おべだふりしていきます。

バーベキューと言ったら・・・肉!!

2015081714.png

肉には牛肉、豚肉、鳥肉など、様々な種類がありますが、今回は一番栄養面で優れている豚肉を紹介します。
豚肉は、ビタミンB1の多さが肉類の中で飛びぬけています。ビタミンB1は、糖質がエネルギーに変化する時に重要な役割をする栄養素です。また、疲労回復に効果がある他、イライラを抑える効果もあります。この時期は暑さで食欲の低下を招き、麺類や清涼飲料水など、糖質に偏りがちな食事、摂取が多くなります。ビタミンB1は、そんな食生活を支えてくれる強い味方です。

野菜は・・・にんにく!!

2015081715.png

この時期は旬のにんにくが有効です。強力な殺菌力・代謝促進・健康維持をサポートし、がん予防効果のあるにんにくは、実は、豚肉との相性抜群!!豚肉に含まれているビタミンB1はストレスを感じると体外に排出されてしまいます。しかし、にんにくに含まれているアリル化合物と接合することで安定されます。夏バテの疲れに最高の組み合わせですね。

その他野菜で・・・ミニトマト、ペコロス(小玉ねぎ)

2015081716.png

今が旬のミニトマトとペコロス。トマトは加熱することで旨み成分グルタミン酸が凝縮され、コクが深まります。グルタミン酸は、尿の排出促進効果や脳の機能を活性化する効果があります。ペコロス(小玉ねぎ)は、血液をサラサラにして、動脈硬化、高血圧、糖尿病、脳血栓などを予防します。

バーベキューで、旬の野菜や地産地消の野菜を摂取し、この夏の暑さを乗り越える体を作りましょう
BBQ串
~青森県産野菜~

《材料》

豚肉...適量 にんにく...適量 ミニトマト...適量 ペコロス...適量

《作り方》

  1. にんにくの皮をむき、個々にばらし、一粒ずつアルミホイルで包む
  2. 串の手で持つ側から(トマト→豚肉→ペコロス→豚肉→にんにく)の順で串に刺す。串の先端に行くほど、火が通りやすい。
  3. 焼いて出来上がり。

2015081717.png

JAゆうき青森 新着情報

カテゴリー
月別の記事
キーワードから探す