県をあげて高品質にんにく生産を

写真:県をあげて高品質にんにく生産を

全農青森は、青森県産にんにくの品質向上のため「第1回高品質にんにく生産技術研修会」を当JA天間林支所で7月28日に行った。乾熱処理によるイモグサレセンチュウの防除技術を学ぼうと、県内JAの指導・販売担当者、県普及振興室職員ら34人が参加。当JAのにんにく乾熱処理施設で研修、情報交換などを行った。

当JAでは平成11年からセンチュウ防除のための乾熱処理を行っており、年々利用率も増えている。天間林支所営農指導課の上原子課長補佐は「JAのにんにく品質をあげるために乾熱処理は重要。利用率をあげるため農家巡回をしながら呼びかけが必要」と話すと、全農青森農産園芸課の長根課長は「県をあげて、産地をあげて高品質のにんにくづくりに取り組みたい」とした。

JAゆうき青森 新着情報

カテゴリー
月別の記事
キーワードから探す