令和4年産高品質生産に向けて 各種栽培講習会開催!

写真:令和4年産高品質生産に向けて 各種栽培講習会開催!

ながいも

3月4日は本所、3月16日には天間林支店でながいもの栽培講習会を開催。本所では「ながいもの達人」岡山粕男さんから栽培におけるポイントなどを学び、スマート農業推進のためおとべ農産合同会社から乙部暁さん・上北地域県民局地域農林水産部農業普及振興室を講師にスマート農業の取組みや導入方法を学んだ。天間林支店では、令和3年産の作柄を確認、令和4年産の単収・品質向上に向けて対策を確認した。

こかぶ

3月4日に野辺地支店で講習会を開催。くみあい肥料㈱の宮崎所長や北興化学工業㈱青森県担当の種村主事が講師を務め、宮崎所長からロング入りこかぶ専用肥料の特性と使用方法について説明があり、本所営農指導課の冨田補佐からその肥料の試験結果報告があった。種村主事からは害虫に優れた効果がある殺虫剤(ブロフレアSC)の使用方法の説明があり、多くの生産者が品質向上に向け学んだ。同日には水稲育苗講習会も開催した。


202204-02.png


にんにく

3月10日、天間林支店と本所で上北地域県民局農業普及振興室の山田隆主任専門員を講師に迎え、栽培講習会を開催。生産目標「反収850㎏以上、AB品90%以上」を達成するため、病害虫防除についてや種子管理について等を学んだ。にんにくは連作や排水不良のほ場で病害が発生しやすいので、排水対策を徹底するなど、雪解け後の畑の管理作業についても注意を呼び掛けた。

ごぼう

3月9日に本所で㈲渋谷種苗の渋谷社長を、3月15日に六ヶ所支店で全農あおもりのやさい花き課金澤さんを講師に迎え、ごぼう栽培講習会を開催。ごぼうのやけ症対策として連作を避け2年以上ごぼうを作付けしていない畑を使用することや団粒構造を心掛けた耕起につとめるなど、注意点や土づくりのコツを学んだ。また、六ヶ所ではやけ症状の試験結果のデータを見せるなど、より高品質な生産をするために情報を共有した。


202204-03.png

JAゆうき青森 新着情報

カテゴリー
月別の記事
キーワードから探す

RSSフィードを登録

新着情報をメールで受け取る