食育ソムリエのちょっとしたおべだふり〜プラス一品で健康習慣!

写真:食育ソムリエのちょっとしたおべだふり〜プラス一品で健康習慣!

皆さんは一日にどれくらいの野菜を食べているでしょうか?

先日、農林水産省が第4次食育基本計画案にて、野菜の摂取量の平均値の現状が280.5gであるのに対し、2025年度までの目標値を350gとする計画を出しました。

350gと言っても、いまいちピンとこない方も多いのではないでしょうか。目安としては小鉢1個分の野菜を約70gとして、一日小鉢5個分のおかずを食べることを意識するといいそうです。いつもよりプラス一品のおかずを用意することを心がけ、しっかり野菜を食べることがとができるといいですね!

202103-05.png
小鉢1個分=約70g

202103-06.png
野菜炒めなど野菜を使ったおかず=小鉢2個分

さらにいえば、「緑黄色野菜から120g、淡色野菜から230g、キノコ類10g、 海藻類5g」を毎日摂るのが理想的だそうよ!
野菜を350g以上摂取することを推奨する理由...
  1. 日本人の死因の半分以上は3大生活習慣病といわれるガン(28.9%)、心臓病(15.5%)、脳卒中(9.0%)によるものです。この予防に対し、カリウムや食物繊維、抗酸化ビタミンなどが効果的に働くことが国内外の多くの疫学研究で明らかにされていますが、予防効果を示す量を摂取するには350g~400gの野菜が必要であるとされています。
  2. 野菜は低脂肪、低エネルギーでありながら「かさ」が多いため、満腹感を与えてくれます。つまり、ご飯やおかずなどの食べすぎを防いでくれるため、食生活全般を見直すことにつながります。
今回はプラス一品にちょうど良い簡単レシピを紹介します♪
202103-07.png

202103-08.png

毎日たくさんのおかずを作るのが大変...という人も、野菜ジュースやカット野菜など、手軽に野菜を摂取できるものを生活の中で取り入れてみるといいですね。無理せずに、おいしく楽しくご飯を食べられることが一番です♪まだまだ寒さも続きますが、しっかり食べて元気に乗り切りましょう!

JAゆうき青森 新着情報

カテゴリー
月別の記事
キーワードから探す

RSSフィードを登録

新着情報をメールで受け取る