令和3年産高品質に向け にんにく栽培講習会開催【3/2】

写真:令和3年産高品質に向け にんにく栽培講習会開催【3/2】

JAゆうき青森野菜振興会にんにく部会は栽培講習会を2会場で開催。83人の生産者が参加し、雪解け前後の管理について理解を深めた。

202103-04.png

令和2年産のニンニクは春腐病や割れが多発したことから品質、生育に影響し、小ぶり傾向となったため、2L・L規格の流通在庫が少なく、高値で推移した。また新型コロナウイルスの感染が拡大したことで免疫力を高める食品、外出自粛による貯蔵食品として巣ごもり需要が高まったことも高値の要因となった。

令和3年産については昨年の9月下旬~10月上旬にかけての間断的な降雨により、植付作業が1週間程度遅れ、圃場によっては10月下旬頃までずれ込み萌芽が揃わずに越冬に入った。講習会では令和3年産の高品質生産に向け、排水対策や追肥、病害虫の防除について融雪状況や生育状況に合わせてよく観察するよう呼びかけられた。

JAゆうき青森 新着情報

カテゴリー
月別の記事
キーワードから探す

RSSフィードを登録

新着情報をメールで受け取る