にんにく種子供給に向けてウイルス検査実施【5/25】

写真:にんにく種子供給に向けてウイルス検査実施【5/25】

にんにく部会役員・種子部会にんにく種子部門会員と上北地域県民局農業普及振興室職員・営農指導課職員によるウイルス検査を2回実施した。1回目の検査は圃場巡回をしながらウイルス株の抜き取りを行い、2回目はウイルス株の抜き取り及びにんにく生産者へ優良種苗として供給するための最終確認としてにんにく部会役員も加わり検査を行った。

202006-02.png

にんにく部会長の中野静毅氏は「罹病率は基準値以内であり合格となったが収穫まで引き続き病害虫防除を徹底的に行うこと。また圃場巡回、ウイルス株の抜き取り作業の継続をお願いしたい。」と述べた。

にんにく種子は6月下旬頃収穫期を迎え、その後乾燥、選別を行い、9月中旬頃から生産者へ優良種苗として供給される。

JAゆうき青森 新着情報

カテゴリー
月別の記事
キーワードから探す

RSSフィードを登録

新着情報をメールで受け取る

JAゆうき青森ネットショップ 食べるが元気

営農活動日記

  • 関連リンク
  • グリーン・ジ・アース
  • 携帯サイト http://ja-yuukiaomori.shop-pro.jp/
    ネットショップ携帯版へ