平成30年産米 坪刈りで手応え感じる

写真:平成30年産米 坪刈りで手応え感じる

JAゆうき青森稲作生産部会は9月25日、「良質米坪刈り共励会」を開催し、部会員や営農指導員らが七戸町の圃場を巡回。生産者が手塩にかけて作った稲を刈り取った。

2018102207.jpg

共励会では、みよこ米を含む管内の水稲生産者およそ30人が出品し、地域ごとに班で分かれて規定量の稲を刈り取った。今年度は、昨年ほど冷害の被害は見受けられなかったが、出穂直後の8月上旬から中旬にかけて、降雨・低温の影響により登熟にばらつきが生じることが予想される。そのためJAでは圃場ごとの登熟状況を見極めた上で適期刈り取りするよう呼びかける。今回の共励会で得られたデータは来年度以降の栽培管理に役立てられる。

JAゆうき青森 新着情報

カテゴリー
月別の記事
キーワードから探す

RSSフィードを登録

新着情報をメールで受け取る

JAゆうき青森ネットショップ 食べるが元気

営農活動日記

  • 関連リンク
  • グリーン・ジ・アース
  • 携帯サイト http://ja-yuukiaomori.shop-pro.jp/
    ネットショップ携帯版へ