食育ソムリエのおべだふり「体が温まる鍋料理について」

写真:食育ソムリエのおべだふり「体が温まる鍋料理について」

冷え性や寒がりの方には辛い季節です。寒い冬を乗り切るためには、体の中から温めてくれる食事が欠かせませんよね。寒さ対策としても体を温める手段としても、食事はとても大切です。皆さんは野菜に体を温める、冷やすものがあるのをご存じですか? 体を温める野菜を食べて芯から温めましょう。

【野菜における陰と陽の違い】

冬になると鍋やスープなど、温かいものを食べたくなります。しかし、東洋医学の考え方からすると温かい料理だからといって体を芯から温めるとは限らないのです。

まず、陰と陽とは、万物を陰と陽と2つに分けたものになります。上と下、天と地、昼と夜、夏と冬、男と女、暑さと寒さ、静と動という風に分けられます。陰陽は、性質の違いで、互いに対立関係にありますが、互いに補完し合う関係でもあります。季節を例にとってみてみましょう。冬(陰)と夏(陽)は、交わることはありませんが、寒い冬(陰)には、身体を温める食べ物(陽)ができ、暑い夏(陽)には、身体を冷やす食べ物(陰)が実ります。

昔の人は、野菜の主に食べる部分がどこで育つかで、土の上で育った食べ物(夏野菜や葉野菜=陰)、土の下の食べ物(根 菜類=陽)という風に分けたりもしました。夏は土の上のものを、冬は土の下の野菜を多く取ることで、暑さ寒さに負けない体を作ってきました。その時期にできた旬の食べ物を食べるということは、栄養価が高いということだけでなく、 その季節にあった体を作るためにもとても大切なことです。

特産の長芋を使った「とろろポン酢鍋」

年末年始は食べ過ぎ、飲み過ぎに陥りがちな季節。胃腸に負担がかかり、膨満感や胃もたれなどの症状に悩まされる方も多いと思います。また、寒さで体調を崩す方も多いでしょう。

そんな時は、特産の長芋を使った「とろろポン酢鍋」。胃を休めることも大切ですが、消化を良くすることも大切です。 長芋に含まれる、ジアスターゼは消化を 促進し、また、土の下で育つ野菜(陽) ということで体を温めてくれます。その他に、生姜・発酵食品などを使った鍋で、体が温まる鍋を作ってみましょう!

とろろポン酢鍋

20180104-001.jpg

材料(2~3人前)

・肉(豚肉・鶏肉などお好みで)
・白菜大 2枚
・ネギ 15cm
・えのき 1/2袋
・生姜 お好み
・水 700ml
・めんつゆ 大さじ4
●つけだれ
・長芋 100g
・ポン酢 適量
・めんつゆ 適量

作り方

①お肉や野菜等を食べやすい大きさに切る。

②長芋をすりおろし、ポン酢とめんつゆを入れ、つけだれを作る。

③鍋に水とめんつゆを入れ煮立たったら、お肉を入れアクをとる。

④4アクをある程度とれたら、野菜を入れ、火が通ったら完成!つけだれに付けて召し上がれ!

※具はお好みでOK!つけだれに梅干しなどいれても♪

20180104-002.png

JAゆうき青森 新着情報

カテゴリー
月別の記事
キーワードから探す

RSSフィードを登録

新着情報をメールで受け取る

JAゆうき青森ネットショップ 食べるが元気

営農活動日記

  • 関連リンク
  • グリーン・ジ・アース
  • 携帯サイト http://ja-yuukiaomori.shop-pro.jp/
    ネットショップ携帯版へ