にんにく収穫本格化

写真:にんにく収穫本格化

2017071402.jpg
手分けして作業を進める生産者

基幹品目の1つであるにんにくの収穫が6月下旬から始まり、管内各地で汗を流しながら作業に励む生産者。

2017071401.jpg
粒揃いの良いにんにくが
目立った

7月2日に取材した小又政幸さん(七戸町・蒼前のほ場でも、近隣の生産者を含む約20人で作業。取材した時期は収穫作業も終盤とあって、歓談しながら作業を進めていた。

今年度のにんにくの作柄について聞くと、「小玉気味だけど、にんにくらしい丸みを帯びたものが多い」とのことで、何気なく掘り取られたばかりのにんにくを掴み取ってみると、確かにこれでこそ「にんにく」という丸身で美味しそうだった。

2017071403.jpg
出品者ほ場で掘り取り調査

適期収穫を呼びかけ本年度は生育・品質ともに平年並み

2017071404.jpg

収穫に先立ち、野菜振興会にんにく部会は6月22日、坪掘り共励会を開催。営農指導員や上北地域県民局農業普及振興室職員も参加し、東北町、六ヶ所村、七戸町の出品者28名のほ場から30株ずつ掘り取りを行い、生育状況を検査した。

2017071405.jpg
品質・規格を1玉ずつ調査

検査の結果は収穫時期を決める重要な判断材料となるため、結果は速やかに生産者へと報告された。本年は2L率が34.5%、A品率が58.2%とおよそ平年並みで、坪掘り時期が1週間ほど遅いことを考慮し、天候に留意しながら適期収穫を心がけるように呼びかけた。また、品質を損なわないよう、乾燥用暖房機の設定温度や小まめな換気などについても確認した。

検査用に採取されたにんにくは、品質・収量などを調査し、9月3日に野菜振興会の主催で開催予定の831の日の集い」において成績上位者が発表・表彰される。

JAゆうき青森 新着情報

カテゴリー
月別の記事
キーワードから探す

RSSフィードを登録

新着情報をメールで受け取る

JAゆうき青森ネットショップ 食べるが元気

営農活動日記

  • 関連リンク
  • グリーン・ジ・アース
  • 携帯サイト http://ja-yuukiaomori.shop-pro.jp/
    ネットショップ携帯版へ