育てたアピオスで調理実習

写真:育てたアピオスで調理実習

2017010503.jpg
みんなで楽しくトッピング

JAゆうき青森が全国トップクラスの生産量を誇る農産物「アピオス」を食べてもらおうと、天間林支所営農指導課は12月7日、七戸町立天間西小学校で調理・試食会を開き、同校5年生42人が参加した。

調理に使用したアピオスは児童らが育てたもので、管内生産者の指導を受けながら、すいとん粉にアピオスを練り込んだお餅を使った洋風スープ「アピストローネ」と、みよこ米の米粉で生地を作った「米粉ピザ」の2品を調理した。

栄養が豊富なことで注目されているアピオスだが、栗に似たほのかな甘さがあり、味も好評。初めて食べたという児童もいて「大変だったけど作り方は覚えたので家でも作ってみたい」と笑顔で話した。

JAゆうき青森 新着情報

カテゴリー
月別の記事
キーワードから探す

RSSフィードを登録

新着情報をメールで受け取る