適期刈取りで目指せ全量1等級

  • 2016年10月14日(金) 15時30分00秒
  • まっしぐら,格付け

写真:適期刈取りで目指せ全量1等級

2016101410.jpg
さし米を取る職員

平成28年産米の初検査が9月26日、天間林支所の米1号倉庫で行われ、七戸町甲田地区の古屋敷利幸さんのお米「まっしぐら」10袋(30㎏)が格付けされた。

検査の結果、整粒83.1%と基準の70%を大きく超え、奇形や死米といった被害粒も計1.7%と少なく、全量1等級に格付けされた。検査を担当した上原子和幸営農指導課長は、「天候不順が続いているので、刈取りの適期を逃さず、品質向上に努めるよう声掛けを行っていきましょう」と述べ、着色粒増加による品質低下に注意を呼びかけた。

管内では9月下旬から28年産米の刈取りが始まっており、10月中旬までには収穫を終え、適期刈取りによる良品多収を目指す。

JAゆうき青森 新着情報

カテゴリー
月別の記事
キーワードから探す

RSSフィードを登録

新着情報をメールで受け取る

JAゆうき青森ネットショップ 食べるが元気

営農活動日記

  • 関連リンク
  • グリーン・ジ・アース
  • 携帯サイト http://ja-yuukiaomori.shop-pro.jp/
    ネットショップ携帯版へ