高齢者助け合い組織 えがおの会「ミニデイサービス」

  • 2016年02月15日(月) 17時00分53秒
  • ミニデイサービス,えがおの会

写真:高齢者助け合い組織 えがおの会「ミニデイサービス」

2016021501.jpg

JAの高齢者助け合い組織「えがおの会」は、管内各地域で高齢者を対象に手芸教室や健康体操を行う「ミニデイサービス」を開いた。

このうち昨年の12月7日に東北町・塔ノ沢集会所で開いた手芸教室では、手ぬぐい一枚を切らずに折り紙のように折って縫い合わせて作る「さっとカブリーナ」に挑戦した。その名の通り「さっ」とかぶれて、料理や農作業中も使えることから利便性が高いと好評だ。参加者8人は「日頃から孫に頼まれて縫い物をしている」と慣れた手つきで作業を進め、1時間ほどで完成させた。作成した帽子を早速試着し、記念撮影。気に入った様で、その後も着用したまま認知症予防の健康体操を行ったり昼食を食べたりした。

えがおの会会長の蛯澤福子さんは「手芸のような指先を使う作業は認知症予防に良い。これからも暮らしに役立つ手芸品を作っていきたい」と今後の活動に意欲を燃やす。

※「さっとカブリーナ」の作成手順は家の光8月号に掲載。

2016021502.jpg
四ヶ村集会所

2016021503.jpg
内蛯沢集会所

2016021504.jpg
塔ノ沢集会所

2016021505.jpg
外蛯沢集会所

JAゆうき青森 新着情報

カテゴリー
月別の記事
キーワードから探す

RSSフィードを登録

新着情報をメールで受け取る

JAゆうき青森ネットショップ 食べるが元気

女性大学 ソレイユカレッジ2019

営農活動日記

  • 関連リンク
  • グリーン・ジ・アース
  • 携帯サイト http://ja-yuukiaomori.shop-pro.jp/
    ネットショップ携帯版へ