こかぶについて学ぼう

写真:こかぶについて学ぼう

2014101409.jpg
青年部と児童がこかぶは種作業

青年部野辺地支部は地域の特産品を子供たちに知ってもらおうと9月8日、野辺地小学校(蛯名文導校長)で、こかぶの栽培作業を行った。

青年部野辺地支部長の田村敬一さんら3人が同校の4年生68人と、は種機を使いこかぶのは種作業を行った。田村さんは「4日程経つと芽が出ます。葉が4~5枚出てきたら教えてください」と児童たちに話した。

児童からは「なぜこかぶを栽培しているのですか」と質問があり、「こかぶの旬は秋ですが、野辺地ではヤマセを活かし夏でも栽培ができるからです」と説明した。

同校では10月中頃に収穫作業をし、児童たちが育てたこかぶを食べる予定だ。

JAゆうき青森 新着情報

カテゴリー
月別の記事
キーワードから探す

RSSフィードを登録

新着情報をメールで受け取る

JAゆうき青森ネットショップ 食べるが元気

営農活動日記

  • 関連リンク
  • グリーン・ジ・アース
  • 携帯サイト http://ja-yuukiaomori.shop-pro.jp/
    ネットショップ携帯版へ