平成25年産米初検査

  • 2013年10月11日(金) 10時00分00秒
  • 一等米,初検査,まっしぐら

写真:平成25年産米初検査

2013101112.jpg
さし米を取る検査員

JAは平成25年産米の初検査を、9月27日に米の初検査を行い、すべて1等の等階級がつけられた。

初検査では東北町の生産者の「まっしぐら」10袋(1袋30キロ)が検査を受けた。米の形質や粒の揃い、被害状況などを検査した結果、全量1等級に格付けされた。検査に立ち会った大関組合長は「台風の影響もあり良い年であるとはいいがたいが、今後適正な刈り取り時期を呼びかけていき、少しでも高く販売を進めていけるように取り組んでいきましょう。」と話した。

JA管内での刈取りは9月25日から始まっており、10月中旬まで続く見込みだ。

JAゆうき青森 新着情報

カテゴリー
月別の記事
キーワードから探す

RSSフィードを登録

新着情報をメールで受け取る

JAゆうき青森ネットショップ 食べるが元気

女性大学 ソレイユカレッジ2019

営農活動日記

  • 関連リンク
  • グリーン・ジ・アース
  • 携帯サイト http://ja-yuukiaomori.shop-pro.jp/
    ネットショップ携帯版へ