「葉つきこかぶ」出荷量、販売高ともに前年比115%

  • 2013年08月07日(水) 08時00分00秒
  • 葉つきこかぶ,

写真:「葉つきこかぶ」出荷量、販売高ともに前年比115%

20130807_06.jpg
収穫したてのこかぶの甘さとみずみずしさに
思わず顔がほころぶ市場担当者

JAの特産品「葉つきこかぶ」の販売が好調だ。7月15日現在で出荷量1,433トン、販売高2億3,900万円と、いずれも前年比で115%の順調な滑り出しだ。今後10月いっぱいまでに昨年より23%多い、9億7,250万円の販売を目指す。

7月22日には野辺地町で生産販売現地検討会を開き、平成25年度の前半の販売を振り返った。今年は雪解けが早く、昨年より3日早い5月26日から出荷がスタートしている。6月中旬からの高温や干ばつも生育に影響したが、産地特有のヤマセの気候による夜温の低さにも助けられ、現在まで品質に大きな被害は見られていない。8月に入りこかぶ産地のシェアは本格的に青森県産に移っており、価格面でも高値販売に期待がもてる。JAこかぶ部会の澤田隆部会長は「安定収穫のため計画的なは種を目指しましょう」と生産者へ呼びかけている。

20130807_07.jpg
澤田部会長が安定収穫を
生産者らに呼びかけた

検討会では市場の関係者らが実際にほ場の状況を確認しながら、こかぶの品質を生食で味わった。東京荏原ベジフル(株)の山下紘史主任は「とりたてのこかぶは甘くみずみずしくて驚いた。現在は日量約200ケース(1ケース=5キロ)販売しているが、産地の状況と新鮮な味わいを販売先に伝えながら、後半の販売に力を入れたい」と話した。

JAゆうき青森 新着情報

カテゴリー
月別の記事
キーワードから探す

RSSフィードを登録

新着情報をメールで受け取る

JAゆうき青森ネットショップ 食べるが元気

女性大学 ソレイユカレッジ2019

営農活動日記

  • 関連リンク
  • グリーン・ジ・アース
  • 携帯サイト http://ja-yuukiaomori.shop-pro.jp/
    ネットショップ携帯版へ