青年部の出張もちつきに子供たち大喜び!

写真:青年部の出張もちつきに子供たち大喜び!

20130213_01.jpg
青年部の出張もちつきに
喜ぶ子どもたち

伝統的なきねと臼を使った餅つきで、地域の子供たちに食文化を伝えようと、JAの青年部は管内の保育園で餅つき会を毎年行っています。1月25日には管内3保育園を部員ら8人が訪問。迫力満点の餅つき会に園児から大きな歓声があがりました。

このうち七戸町の榎林保育園には、青年部天間林支部の上野慎吾支部長ら4人が参加。力強くきねで餅をつくと、子供たちは「ヨイショー!ヨイショー!」と大声で声援を送っていました。お汁粉にしてつきたての餅を食べると園児らは「やわらかくておいしい」と笑顔で話していました。

同青年部はこの催しを20年以上続けており、上野支部長は「餅を食べる習慣が年々薄れてきているが、子供たちには日本の伝統的な食文化をしっかり伝えたい」と話していました。

JAゆうき青森 新着情報

カテゴリー
月別の記事
キーワードから探す

RSSフィードを登録

新着情報をメールで受け取る

JAゆうき青森ネットショップ 食べるが元気

女性大学 ソレイユカレッジ2019

営農活動日記

  • 関連リンク
  • グリーン・ジ・アース
  • 携帯サイト http://ja-yuukiaomori.shop-pro.jp/
    ネットショップ携帯版へ