子牛初セリ順調スタート

写真:子牛初セリ順調スタート

七戸町の青森県家畜市場で1月12日、子牛の初セリが行われた。県内外から訪れた多くの購買者が見守る中、上場された289頭がせり落とされた。総平均価格は1頭当たり85,679円で、前回平均の59,466円を大きく上回り順調なスタートを切った。

市場関係者によると、枝肉から放射性セシウムが検出されたことなどを受け、昨年6月から7月にかけて子牛平均価格は平年より4割ほど値を下げたが、その後11月、12月からは徐々に平年並みに近づいているという。

JAの大関組合長は「県の子牛取引の多くはJAゆうき青森の組合員が販売しているもの。このまま堅調な価格で推移してほしい」と話す。

JAゆうき青森 新着情報

カテゴリー
月別の記事
キーワードから探す

RSSフィードを登録

新着情報をメールで受け取る

JAゆうき青森ネットショップ 食べるが元気

女性大学 ソレイユカレッジ2019

営農活動日記

  • 関連リンク
  • グリーン・ジ・アース
  • 携帯サイト http://ja-yuukiaomori.shop-pro.jp/
    ネットショップ携帯版へ