平成24年産にんにく植付けへ向けて栽培技術研修会

  • 2011年09月14日(水) 16時14分41秒
  • にんにく,センチュウ対策,土づくり

写真:平成24年産にんにく植付けへ向けて栽培技術研修会

JAにんにく部会は8月30日、平成24年産にんにくの植付けを前に栽培技術研修会を七戸町中央公民館で開いた。品質や収量の向上を目指して、センチュウ対策や土づくりを学ぼうと生産者約70人が参加した。

研修会で営農センター武田相談役は「センチュウや他の病害虫は、土の健康状態を保つことで大きく減らすことが出来る」と主張。また、会場でプラスチック製の箱の中に疑似ほ場をつくり、「土に適度な水分があると、リン酸やカリ成分の吸収率がよくなるため、植付け後にほ場を鎮圧して乾燥を防ぐことが効果的」とアドバイスした。生産者らは「とても勉強になった。これからの植付け作業に技術を生かしたい」と話していた。

JAゆうき青森 新着情報

カテゴリー
月別の記事
キーワードから探す

RSSフィードを登録

新着情報をメールで受け取る

JAゆうき青森ネットショップ 食べるが元気

営農活動日記

  • 関連リンク
  • グリーン・ジ・アース
  • 携帯サイト http://ja-yuukiaomori.shop-pro.jp/
    ネットショップ携帯版へ