アピオスの販売力強化に向けて

写真:アピオスの販売力強化に向けて

JAは4月7日、天間林支所でアピオスの栽培手順や、出荷、販売の取組などについて確認した。

過去の販売状況を見るとM規格(6g〜10g)が販売の中心となっており、S、L規格については動きがややにぶい状態。このことから施肥体制の見直しを図り、EC値、塩基飽和度を調整してM規格の収量をあげられるほ場試験を行うこととした。

また選果時の歩留まりの改善のため、アピオスの選果場を見学し、生産者らは出荷基準を改めて確認した。

JAゆうき青森 新着情報

カテゴリー
月別の記事
キーワードから探す

RSSフィードを登録

新着情報をメールで受け取る

JAゆうき青森ネットショップ 食べるが元気

女性大学 ソレイユカレッジ2019

営農活動日記

  • 関連リンク
  • グリーン・ジ・アース
  • 携帯サイト http://ja-yuukiaomori.shop-pro.jp/
    ネットショップ携帯版へ