ながいもほ場の現地巡回指導

写真:ながいもほ場の現地巡回指導

ながいもほ場の現地巡回指導

営農指導課はJA管内のながいもほ場を巡回し、種芋の植付けた深さや根の糖度を確認。病害虫の防除や堆肥の時期などこれからの管理について説明した。

とうほく地区では6月15日から18日にかけて地区内のほ場を巡回。申請した組合員の各ほ場でそれぞれの生育状況に会わせたアドバイスをした。

現地巡回では10cmから12cmが適正な種芋の植付け深さとし、浅い植付けの場合は堆肥などによる覆土(ふくど)が効果的と説明。またエコファーミング事業で行っている堆肥マルチ作業機の貸出しなども例に挙げ、良品質栽培に向けてながいもの生育状況に合わせた追肥タイミングを呼びかけた。

JAゆうき青森 新着情報

カテゴリー
月別の記事
キーワードから探す

RSSフィードを登録

新着情報をメールで受け取る